ぎちぎち

10月10日(月・体育の日)

10日ぶりに東京へ。行きの飛行機、秋雨前線のなかをすすんだので、景色はあまり楽しめなかったが、千葉県の上空にさしかかると、地上の様子がはっきり見えた。いつものことながら、山という山がゴルフ場となっている姿には慄然とする。バブルのころの乱開発だろうか、それとも、そんなに需要があるのだろうか。ゴルフ場というゴルフ場で、農薬がつかわれているとしたら、とても怖い。

竹芝のホテルから見える東京は、ビルばかり。コンクリートの醜悪な建物がぎっしり。空いた土地がない。わずかな土地も無駄にはできないらしい。もっと公園をつくって、木を植えればいいのに。でも無理だろうな。この国では、効率のわるいこと、お金にならないことは悪なのだ。休日の深夜だというのに、目の前のT芝のビルには明かりがたくさん。なぜそんなに働くのだろう・・・。

羽田空港のラウンジ。ジャズの BGM にくわえてマラソンの実況が大音量で流れる。さらに、大声で話す3人組のおじさんたち。大声で携帯電話に向かっているおばさんもいる。『うるさい日本の私』という本を思い出した。私はあの著者ほどラディカルではないが、気もちはよくわかる。

大阪上空。ほとんど緑がない。大阪城公園くらい? 東京も砂漠だけれど、皇居、赤坂御苑、新宿御苑、明治神宮などがあるだけましだろうか。いや、やはり、どちらもひどい。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-10 20:38 | 日記
<< なんなんだ リッカルド・ムーティー指揮、ス... >>