グリル・マルヨシ

11月12日(土)

週に一度、天王寺で乗り換えることになって、まずさがしたのは、おいしいものを食べさせてくれるお店。ちょうどお昼すぎにとおるので、手軽なランチを食べさせてくれるところを見つけたい。

天王寺。東京でいえば、上野か浅草の雰囲気だろうか。お世辞にもきれいな町とはいえないけれど、昭和の風情が色濃くのこっている。そぞろ歩くのがたのしい。しかし、そんな町のあちこちにも、最近、あいついで高層マンションが建てられている。

このお店は偶然見つけた。お金をおろしに入った駅前の銀行のまえにちいさな路地。路地の入り口には「石炭ストーヴでつくるフランス料理」という看板が出ている。ランチは1,200円だという。少々たかいけど、面白そうなので、入ってみた。

お店は、まさに下町の洋食屋さん。「フランス料理」を謳っているが、メニューを見ても、ポークカツ、ビーフカツ、オムライス、ロールキャベツなど、洋食の基本がずらり。近所のおじさんたちが世間話をしながら、あるいはスポーツ新聞を片手に、ハンバーグなんかを食べている。

1階はカウンター席のみ。カウンターの向こうはすぐ厨房。看板の石炭ストーヴのまえで、4~5人のコックさんたちが、いそがしそうに働いている。よくぶつからないものだ。せまい店内に、皿洗いや会計のおばさんもあわせると、5~6人の従業員がひしめいている。

はじめていったときに食べたのはランチ。ポークカツとハンバーグの盛り合わせだった。「これはすごい!」ともおもわなかったが、丁寧につくられているのはわかった。カツをあげた油がいい香り。

うちにかえってからインターネットでしらべると、それなりに有名なお店らしい。1946年創業。ロールキャベツが名物とあったので、二度目にいったときは、それをたのんだ。しかし、評判倒れ・・・? キャベツは繊維が硬いうえに、水っぽい。いまは、キャベツのおいしい季節ではないのかもしれない。

洋食屋さんで好きなのは、ドミグラス・ソース。ハンバーグにかかっていたソースも、ロールキャベツにかかっていたソースものこしたくない味だった。というわけで、三度目に食べたのはハヤシライス。これにはかなり満足できた。くどくなく、甘すぎない。すこし苦味を感じるのは、たぶん、関西風。芳ばしい香りと、まろやかな味。石炭ストーヴの魔力だろうか。さっと炒めたタマネギも、シャリシャリ感がのこっていて上々。

「フランス料理」のお店なので、夜はコース料理も出しているようだ。でも、どちらかというと、カツレツや、ドミグラス・ソースをつかった料理を、気どらずに食べるほうが、お店の雰囲気に合っているとおもう。


コメント(10)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-11-12 17:29 | 食べもの・飲みもの
<< 天亭 「最高の演奏」 >>