カテゴリ:毒(いいたい放題)( 3 )

「最高の演奏」

11月11日(金)

音楽にくわしい人からある CD を薦められて、店頭では手に入りにくいそうなので、 HMV のホームページで検索して、注文したところ。

HMV のホームページは、まえに一度訪れたことがある。そのとき、いろんな人の書いている CD 評を見て、好き勝手な意見が多いので、「ここはあまりのぞきたくないな」とおもった。今日あらためて読んでみて、やはり、つかれた。

まず違和感を感じるのは、「これ以上の演奏はない」、「これさえあればほかの CD は要らない」といった書き込み。ほんとうに、そんなことがいえるのだろうか?

素朴な疑問だが、「これが最高の演奏だ」といいきれる人は、何回コンサートに通い、何種類の CD を聴いたのだろう?

たとえば、ふじさんが最新の記事でとりあげている K. 551 の交響曲、私の手許には、いま、14種類の CD がある。

べーム/ベルリン・フィル
べーム/ウィーン・フィル
クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団
シューリヒト/ウィーン・フィル
アーノンクール/ヨーロッパ室内管弦楽団
ワルター/コロンビア交響楽団
セル/クリーヴランド管弦楽団
ヨッフム/ウィーン・フィル
ブロムシュテット/シュターツカペレ・ドレスデン
クーベリック/バイエルン放送交響楽団(スタジオ)
クーベリック/バイエルン放送交響楽団(ライヴ)
ヴェーグ/カメラータ・アカデミカ・ザルツブルク
テンシュテット/北ドイツ放送交響楽団
スイトナー/シュターツカペレ・ベルリン(日本公演、ライヴ)

このなかで、「どれが最高の演奏か?」と訊かれても困る。いちばんよくかけるのはセルだけど、「最高」かどうかはわからない。

そもそも、藝術において、「最高」ということがいえるだろうか?

もちろん、いいものはいいし、わるいものはわるい。だが、ある一定のレヴェルを超えた演奏のなかで、どれが「最高」なんだろう? 一番よい演奏を決めることなんてできるのだろうか? 「最高」がいくつかあってもよいのが、藝術の世界なんじゃなかろうか? もしそうだとしたら、「これ以外は要らない」とは書けないはずだ。

演奏にケチをつけている人もいる。だが、非難する人は、なぜそういう演奏が生まれたのか、考えているのだろうか? 今日読んだかぎりでは、演奏者の意図にまで踏み込んで批判している人はいなかった。

権威をもちだしている人もいる。たとえば、「フルトヴェングラーにくらべると、精神性がたりない」といった類のもの。おいおい、「精神性」ってなんだよ? そんな曖昧なことをいわれても、フルトヴェングラーは困惑するだけだろうに・・・。

最後に。一番気になったのは、私もよくやるのであまり書きたくないけど、「よい」、「すばらしい」、「きれい」といった表現。読むほうは、当然、「どのようによくて、どれくらいすばらしくて、なぜきれいなのか」を知りたい。だが、そういうことは書かれていない。だいたい、「○○の演奏はいいです。これ一枚あればほかは要りません」という評があり、そのうえに、「これはひどい。クナッパーツブッシュがいぜんベストといわざるをえない」などと反論してある。私には、どちらの意見も信用しにくい。

クラシック音楽が好きなのはわかる。自分のもっている CD のよさを伝えたいのもわかる。けれど、やはり、すこし独りよがりなのではないか?

さて、私。ここに、 CD や DVD の感想を記している。もちろん、客観的に批判しようなどとはおもっていない。印象が変わることもあるのだから、そんなことは無理。あくまでも、そのときの、私の、感じたことを書いているだけ。しかし、そうはいっても、もっと、藝術というものについて考えたうえで書かないと、演奏者にも、読んでくださる方にも、失礼ではないだろうか。他人の CD 評に悪態をつきながら、そんなことをおもった。


コメント(27)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-11-11 17:09 | 毒(いいたい放題)

カラヤンとヒルトン

11月5日(土)

ふじさんによると、私はカラヤン嫌いらしいが、本人は、そうでもないとおもっている。

実家には、カラヤンのレコードが何枚かあったし、自分で最初に買った CD は、カラヤンの指揮するベートーヴェンだった。クラシックを聴きはじめた多くの人がそうであるように、私も、一時、カラヤンの CD ばかり集めていたこともある。しかし、いろんな人の演奏を聴きくらべるうちに、だんだん、カラヤンから離れていった。

もちろん、演奏のレヴェルが低いわけではない。ただ、とくにドイツ語圏の作曲家の交響曲などを聴くときに、「カラヤンでなければ」とおもわなくなっただけ。

そんなカラヤン、私のなかでは、なぜかヒルトン・ホテルと重なる。世界中どこにでもあるところが、どんな曲でも録音したカラヤンに似ているからだろうか。

ヒルトンといえば、それなりにステイタスがある。一流ホテルとして認知されているかもしれない。実際、とりあえずヒルトンに泊まれば、まず、不愉快なおもいはしないだろう。

しかし、どこのヒルトンに泊まっても、雰囲気はみなおなじ。最初のうちは安心するが、そのうち、つまらなくなってくる。いろんなホテルを利用するようになると、ヒルトンでは物足りなくなってくるのだ。

たとえば、シンポジウムかなにかで、大阪にだれか招くとして、私なら、ヒルトンを用意するだろうか? たぶん、伝統や格式を好む相手にはリーガロイヤル、明るく快適な客室を重視する人にはウェスティン、ブランド志向の先生にはリッツ・カールトンをえらぶだろう。

もしお金がたくさんあって、どこにでも泊まれるとしたら、ヒルトン・グループのホテルを利用するだろうか? 私はミーハーなので、ロンドンなら、クラリッジズやランガムに泊まってみたい。パリだと、ジョルジュ・サンクかル・ブリストル。ウィーンなら、シュヴァルツェンベルクやコーブルクかな。ヒルトンとおなじようにチェーンを展開しているグループでも、フォーシーズンズやウェスティン、インターコンチネタルのほうを優先したくなる。あるいは、ペンションに長期滞在というのもいい。

とはいえ、ヒルトンにもいろいろある。ここではヒルトンに泊まりたいとおもう町もある。まったく知らない土地にヒルトンがあると安心したりもする。

カラヤンもおなじ。ある種の曲はカラヤンで聴きたい。これはカラヤンがいいなあとおもう曲もある。けれども、そういう作品が、私の場合、なぜか、多くないのだ。嫌いというより、関心をうしなってしまったといったほうが正確かもしれない。


コメント(21)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-11-05 17:04 | 毒(いいたい放題)

立ったままお化粧をする女

らびさんにならって、かなりの毒舌と自覚した記事には「(毒)」をつけることにしました。偽りのない本音ですが、人によっては不快におもわれるかもしれません。


10月29日(土)

昨日、阪急神戸線で、立ったまま、お化粧をしている女性を見た。座って目の周りをいじっている女性は何度も見かけたけど、立ったまま睫毛に器具をあてているのは初めて。あれにはまいった。びっくり。危なくないのか。
e0021850_15581122.jpg
それにしても、車内でお化粧をしている女性に美人がいないのはなぜだろう。いままでのところ、例外はない。要するに、電車のなかでいじれる程度の顔だってことか。自分の顔に対して、思い入れのない輩が、人前でお化粧をしているということなのか。

美しい女性は、家で、念入りに顔の手入れをしているだろうし、そもそも、みっともない姿を衆人にさらすことには抵抗があるにちがいない。そうしたプライドが美人を美人たらしめているような気がする。たぶん、矜持が美人をつくっている。
[PR]
by kalos1974 | 2005-11-01 15:54 | 毒(いいたい放題)