カテゴリ:CD・DVD ( 5 )

ブラームス《クラリネット五重奏曲》、ロ短調、作品115

10月17日(月)

ブラームスの《クラリネット五重奏曲》、私は、この曲の CD を三種類もっているけど、なぜか、三枚とも、モーツァルトのそれとあわせておさめられている。

「両者のちがいは、もう、どうしようもない。ブラームスの曲の、あの晩秋の憂愁と諦念の趣きは実に感動的で、作者一代の傑作のひとつであるばかりでなく、19世紀後半の室内楽の白眉に数えられるのにふさわしい。けれども、そのあとで、モーツァルトの五重奏曲を想うと、『神のようなモーツァルト』ということばが、つい、口許まで出かかってしまう」

吉田秀和の一文を読んで、なるほどとおもうと同時に、ブラームスのことがとても愛おしくなった。

1890年、亡くなる7年前のブラームスは、創作力の衰えを痛切に感じ、遺書まで用意した。そんな作曲家を救ったのは、クラリネットの名手ミュールフェルト。1891年、マイニンゲンで、この人の演奏する、モーツァルトやウェーバーの協奏曲を聴いたブラームスは、クラリネットのために作品を書くことを決意した。そのひとつが、この《クラリネット五重奏曲》。わずか2週間ほどで作曲されたという。

これは、たしかに、晩秋の音楽だろう。動くものをあまり目にしなくなった秋の夕暮れ。長く厳しい冬はもう目前。すっかり木の葉の落ちてしまった木々、ところどころ凍りかけている湖。そんな光景をながめながら、すぎさった季節をなつかしみ、いのちあるものを慈しむような風情。

曲想はさまざまに変化し、痛切な叫びや、あこがれを感じさせる箇所もある。だが、全体を支配するのは、吉田秀和のいうように、「諦念」。枯葉の色。モーツァルトやベートーヴェンにはかなわなかったけれど、天才たちと真っ向から立ち向かい、できるかぎりの仕事をなしとげた人間の境地かもしれない。

音楽からは、作曲家の表現意欲といったものを、あまり感じない。自然や人間に対するふかい省察を経て、あるものをあるがままに受け入れようとしているかのようだ。

この作品は、「神のようなモーツァルト」とは対照的だけれども、それに匹敵するようにおもう。ときに水墨画をおもわせる響きから、さまざまなイメージを連想させるには、モーツァルトなみの作曲技法が必要ではないか。モーツァルトが神の境地なら、ブラームスは、人間のみになしうるふかい省察と「諦念」。この、ふたつの傑作、やはり、一枚の CD におさめられるべきなのかもしれない。

さっきかけていたのは、ウィーン室内合奏団の演奏。ノルベルト・トイブルの柔らかな音色が魅力的。でも、私にとっては、ゲルハルト・ヘッツェルのヴァイオリンをなつかしむことのできる一枚。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-17 18:43 | CD・DVD

ブラームス《ピアノ四重奏曲第1番》、ト短調、作品25

10月15日(土)

ソフィーさんのブログで、「ブラームスって、エロくないですか?」と訊かれて、ひさしぶりに、この曲を聴いてみた。コメントを書いていたとき、頭のなかで鳴っていたのは、弦楽六重奏曲第2番の第2楽章で、自分の印象を確認しようとしたのだけれど、なぜかこの作品に手がのびた。

聴いたのは、アマデウス弦楽四重奏団と、エミール・ギレリスの演奏。昨年だったか、ミュンヘンの「ルートヴィヒ・ベック」で買ったもの。それまでこの CD の存在を知らなかったが、解説には、"Eine kulturpolitische Sensation"とあり、ソ連邦の藝術家と西側のレコード会社との交流が強調されているから、有名な盤なのかもしれない。ちなみに、私が愛聴していたのは、ペライアがピアノを弾いている演奏だった。

大学受験をはさんだ3年間くらい、よく、ブラームスを聴いていた。最初は交響曲、つぎに協奏曲、そして、室内楽曲。私は、モーツァルトの作品をこよなく愛しているけれど、もし、「いちばん好きな作曲家は?」と尋ねられたら、いまでも、「ブラームス!」と答える気がする。作品からうける、近代的な孤独、ほとばしる情熱、おだやかな愛情、自然への憧憬といったイメージが、たまらなく好き。

《ピアノ四重奏曲第1番》は、1861年の11月に初演された。しかし、最初に構想されたのは、1855年。「慎重居士」(Gustav さん)の面目躍如たる念の入れよう。

1855年といえば、シューマンの亡くなる1年前。クララへの同情と献身が、しだいに、愛情に変わっていったころだ。ブラームスは20代前半。この曲には、若き作曲家の切ない思慕と、一種の諦観が感じられる。感情の燃えあがりと集中力に魅了される。後年、ブラームスは、《ピアノ四重奏曲第3番》について、「青い燕尾服と黄色いチョッキを着た男の、最終章の挿絵」と述べているが、ブラームスを『ウェルテル』になぞらえるなら、この作品は「最初の章の挿絵」にふさわしい。

全4楽章のなかでは、最終楽章がいちばん好き。当時はやっていた「ジプシー」風の旋律をたくみにとりいれた情熱的な音楽。さまざまな曲想が交感していく景色は、ややエロティックかもしれない。

そういえば、この音楽、以前コメント欄にも書いたけど、たしか、 Leconte の"Monsieur Hire(仕立て屋の恋?)"という映画で効果的につかわれていた。 Michel Blanc 演じる仕立て屋が、アパートの窓から、思いをよせる女性の部屋をのぞくとき、この曲がかかっていた。たしかに、あこがれの女性を盗み見るような風情もある。だからというわけではないが、大学生のころ、第1校舎まえのベンチで、この作品を聴きながら、いきかう女子学生たちをながめていたことがある。


コメント(3)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-16 16:21 | CD・DVD

リッカルド・ムーティー指揮、スカラ座公演、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》

10月5日(水)

新学期がはじまると、授業の準備や諸々の雑用におわれて、ゆっくり音楽を聴くこともできない。この間の日曜、ひさしぶりに、 DVD で、オペラを鑑賞した。

モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》は、かつて、いちばん好きなオペラだった。神をおそれず、おのれの意思のみをたよりに生きる近代人ドン・ジョヴァンニ、裏切られながらも、あくまで献身的なドンナ・エルヴィーラ、かわいらしさのうちに上昇志向を秘めたツェルリーナ、そして、主人に愛想を尽かしているのに、主人と決別することのできないレポレロ、といった登場人物の織りなす物語は、単純ではあるけれど、さまざまな解釈が可能で飽きないし、いうまでもなく、モーツァルトの音楽は、なにものにも代えがたい。

今回も、ミュンヘンの「ルートヴィヒ・ベック」で買った DVD で、1987年12月15日に、ミラノのスカラ座でおこなわれた公演を収録したもの。指揮は、リッカルド・ムーティー(帰国直前に、《ドン・ジョヴァンニ》の DVD をふたつ買った。もうひとつは、以前 Martin さんが紹介されていた、ムーティーがウィーンで指揮した公演)。

配役は、
Don Giovanni ・・・・・ Th. Allen
Il Commendatore ・・・・・ S. Koptchhak
Donna Anna ・・・・・ E. Gruberova
Don Ottavio ・・・・・ F. Araiza
Donna Elvira ・・・・・ Ann Murray
Leporello ・・・・・ C. Desderi
Masetto ・・・・・ N. De Carolis
Zerlina ・・・・・ S. Mentzer
で、演出は、G. Strehler 。

この公演、演出がいい。一言でいえば、華麗。日本人がオペラと聞いておもいうかべるであろう舞台が、くりひろげられていく。宮殿やギリシア神殿をおもわせる建物、真っ赤なカーテン、鏡のように磨きあげられた床(バイエルン国立歌劇場の《アリオダンテ》をおもいだした・・・「オペラ」の項目の写真を参照)など、古臭くもなく、過度にモダンでもなく、ツボを心得ている。演出が音楽の邪魔をするということがない。文句というか、残念だったのは、騎士長の石像が動かないことくらいかな。動かないほうが品はあるのだが、私は、動く石像が見たいし、ドン・ジョヴァンニには、ダイナミックに地獄にいってほしいのだ(笑)。

音楽も見事。スカラ座管弦楽団は、中身のつまった響きだし、ムーティーの指揮は、てきぱきしている。歌手陣も文句なし(やはり、バイエルンやウィーンとけっこうダブってますね)。ひとつだけ難をいえば、騎士長の声かな。すこしだけ重みにかけるというか、若々しい生気を感じた。

この公演でいちばんうれしいのは、ツェルリーナがかわいいこと(爆)。本質的な問題ではないが、映像を観る場合は、やはり、役柄に合ったチャーミングさも必要かなとおもったりする。第一幕、ドン・ジョヴァンニとの二重唱は、一幅の絵のようだった。

《ドン・ジョヴァンニ》にかんしては、長らく、フルトヴェングラーの演奏に親しんできた私。あの公演が好きで、ザルツブルク音楽祭のときに、わざわざ、会場となったフェルゼンライトシューレでおこなわれた演奏会にいったりしたくらいだが、アリアによっては、やはり、鈍重と感じるものがある。そうした不満を補うものとして、この DVD はありがたい。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-05 22:44 | CD・DVD

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮、シュターツカペレ・ドレスデン、ベートーヴェン《交響曲第9番》

9月19日(月・祝)

これは帰国直前にシェリング通り Schellingstraße の CD 屋さんで買ったもの。新品なのに、たしか3ユーロほど(約400円)だった。

ブロムシュテットがシュターツカペレ・ドレスデンを指揮した《第九》には、たしか2種類ある。ひとつは全集に入っているもの。中庸を得た演奏で、この楽団の深く輝かしい響きを味わえる。もうひとつは、1985年の、ゼンパーオーパー再建記念演奏会の模様を収録したもの。この演奏は、以前のぞいていた、インターネットの某コミュニティーで絶賛されていたが、「ずっとまえに廃盤になったので入手困難」とも書かれていた。

ミュンヘンを去る数日まえ、大学の某氏に挨拶したかえり、なんどかのぞいた CD 屋さんに入ると、《第九》の CD が平積みにしてあった。いかにも安っぽいデザイン。何気なく裏返すと、

E. Wiens, Soprano
U. Walther, Alt
R. Goldberg, Tenor
K.-H. Stryczek, Bass-Barion

Staatskapelle Dresden
Herbert Blomstedt

2003 Delta Music GmbH, 50226 Frechen(ちなみに、Frechen というのは、ケルン近郊の町)

と書いてある。

おや、ブロムシュテットの《第九》じゃないか。独唱陣は聞いたことないな。まてよ、たしか、全集版では、ペーター・シュライヤーとテオ・アダムが歌っていた。ということは、これこそ、うわさのライヴ盤ではないか? どきどきどき。さっそく、店員に訊いてみたけど、返事は、「さあ Keine Ahnung」。ジャケットにも、上記以外の情報はない。見逃すのも腹立たしいし、「まあ、3ユーロだから」とおもって買ってみた。コンピューターで聴いたところ、最後に拍手も入っているし、おそらく、さがしていた CD だろう。日本にかえってから、きちんとした再生装置で聴こうと、たのしみにしていた。

演奏は、常套句で恐縮だが、音が燃えている。第1楽章冒頭からひきこまれ、異常な緊張感に身じろぎもできず、聴きとおしてしまった。とにかく、演奏者の気迫が、そのまま音になっている。

ゼンパーオーパーの再建記念演奏会という歴史的な場だから、このような演奏が生れたのだろうか。以前紹介したように(旅行記参照)、ドレスデンは、戦争末期、連合軍の爆撃によって、ことごとく破壊されてしまった。劇場再建は、ようやく訪れた復興のシンボルだったろう。この演奏には、東ドイツ市民の思いが反映されているのではないか。そんなことを考えてしまった。

弦の厚み、金管の咆哮、ティンパニの迫力、・・・、圧倒的な迫力で、音楽がすすんでいく。とはいえ、ただ「熱い」だけではない。第3楽章の繊細でやわらかな響きや、第4楽章のバランス感覚を失わないテンポも、特筆されるべきだろう。

うわずったところもあるし、独唱者に難がないではない。しかし、これほど息のぬけない演奏はめずらしい。日本国内で手に入るかどうか知らないが、もし見かけたら、買って損はないとおもう(もし気に入らなくても責任はもちません。たぶん廉価版だし、勘弁してください)。
[PR]
by kalos1974 | 2005-09-20 10:00 | CD・DVD

クライバー指揮、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ブラームス《交響曲第4番》ほか

9月15日(木)

今日はお休みなので、午前中、帰国直前に購入した DVD を鑑賞。

これは、1996年10月21日に、ミュンヘンのヘラクレスザール Herkulessaal der Residenz, München でおこなわれた演奏会を収録したもので、演目は、ベートーヴェン《コリオラン序曲》、モーツァルト《交響曲第33番》、それにブラームスの《交響曲第4番》。

バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper (最近、州立歌劇場という表記も見られるが、バイエルン、とくにミュンヘンの人たちは、国立歌劇場と訳さないと怒るだろう。バイエルンはいまでもひとつの国であって、ベルリン中心のプロイセンやドイツとはちがうのだ・・・笑)のホームページによると 、クライバーは、1968年、《薔薇の騎士》でデビューして以来、この劇場で、260回以上の公演(オペラとアカデミーコンサート)を指揮したらしい。なお、最後の公開演奏会は、1996年の4月に、インゴルシュタットでおこなわれたとある。ということは、 DVD におさめられたコンサートは、非公開だったのかもしれない。


さて、映像を見て、驚いた。

「クライバーも老けたなあ・・・」。

手や首筋が老人になってる。それに、どこかつらそうな顔。1986年の5月、人見記念講堂で感じた若々しさは、かなり失われてしまっている。ときおり、独特の、やんちゃ小僧のような表情を見せるものの、やはり、老けこんでいる。う~ん、人間って、たった10年で、こんなに歳をとるものなのか・・・。1930年生れだから、クライバーは、このとき、66歳。仕方ないといえば仕方ない。

でも、この「老い」が、ブラームスの《交響曲第4番》には、ぴったりだったりする。指揮者をながめながら、「人間だれしも歳をとる。そして、ひとりで死んでいかなければならない」なんてことをおもった。

《交響曲第4番》は1884年に書かれはじめ、1885年の夏に完成された。ブラームスは52歳だった。1883年にはヴァーグナーが亡くなっている。ブラームスは、ヴァーグナーから非難されたが、それでも、ヴァーグナーをずっと尊敬していたという。その死を聞いたとき、「巨匠が亡くなった。今日は歌うものはない」といったという話ものこっている。敬愛するクララ・シューマンも60歳代なかば。そんなことを考えると、この曲には、人間が「老い」、死にゆくことが反映されているのかもしれない。

私自身、これまで、《交響曲第4番》に「老い」の影を見たことはなかった。いつも連想するのは、黄色い木の葉の舞うプラーター。外套の襟を立て、ひとりさまよう男。そんなイメージ。それは、守旧派のレッテルを貼られながらも、伝統的な構造のうちに独自性をもとめた作曲家の孤高かもしれないし、神が死んだ時代を、なにものにも頼ることなく、ひとりで生きていかなければならない近代人の寂寥感かもしれない。

クライバーの演奏には、そんな孤独にくわえて、「老い」の切なさが、にじみ出ている。いかにも体調のわるそうな表情を見ていると、気の毒になってくる。指揮が音楽についていけない箇所さえある。あのクライバーが・・・。「老い」は残酷だ。もちろん、映像を見ているからそうおもうのであって、これが CD なら、そんなことを感じたかどうかはわからない。

クライバーは、ブラームスの《交響曲第4番》を、1980年の3月にウィーン・フィルと演奏している。名盤の誉れたかい CD だけれど、実は、私、それほど気に入っていない。文句のつけにくい演奏ではあるが、きれいにまとまりすぎている。響きも洗練されている。でも、私が、この交響曲に期待する「感情のたかまり」が、すこしだけ、足りない。ブラームスの旋律に耽溺する指揮者にくらべると、まだ満足できるが、フィナーレにむけてもっと疾走してほしかった(その点で、共感できるのは、フルトヴェングラーの演奏だが、 CD で傍観者的に聴くと、少々、やりすぎの感じもする)。孤独に足をすすめる人間の決意を描いてほしかった。

それに対して、この演奏は、ライヴだからだろうか、音楽に推進力がある。型にはまらない自由がある。 CD にはない、一期一会の迫力のようなものを感じる。ウィーン盤とくらべると、練りに練られた演奏とはいえないだろうし、様式美のようなものに欠けるかもしれない。でも、その分、生き生きとしている。

もちろん、実演なので、オーケストラに、こまかなミスや、響きの厚みがいまひとつ足りないと感じる箇所がないわけでもない(そういえば、人見記念講堂でも、あまりの速さに、木管? が音をはずしていた)。しかし、そうはいっても、バイエルン国立歌劇場管弦楽団はミュンヘンのほこる一流オーケストラのひとつ。それに、いわば、クライバーの手兵である。とくに問題は感じないし、このオケの優雅な響きは特筆されてもよい。


この DVD 、やたらクライバーのアップがおおい。なので、クライバー好きの方にはお薦め。指揮棒で音楽を描くような動きや、左手をふりまわす姿も健在。つかれた表情も、会心の笑みも見ることができる。それに、もちろん、オーケストラも映るので、視覚的にボウイングのズレなど確認できて面白い。買ってよかったとおもった DVD である。


コメント(16)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-09-17 14:14 | CD・DVD