<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベルリン・フィル・・・

2月24日(木)

20時からガスタイクで、ベルリン・フィル Berliner Philharmoniker の演奏会。指揮は、サイモン・ラトル Simon Rattle 。バーミンガムのオーケストラの指揮者だったころから注目していた人で、来日公演を聴いたこともある。あのときは、たしか、ブラームスの《交響曲第2番》。すっきりした白ワインをおもわせる爽やかな演奏だった。しかし、この指揮者、ベルリン・フィルに招かれたころから、だんだん、エキセントリックな解釈をするようになってしまった・・・。

当夜は、オール・モーツァルト・プログラム。後期の三大交響曲と呼ばれる3曲。

前半の《交響曲第39番》と《交響曲第40番》は、ベルリン・フィルの実力が遺憾なく発揮された演奏。とくに前者では、オケの響きが、モーツァルトの透明な「悲しみ」と一体になって、目のまえに、さまざま情景が現われた。夕日に染まった雪山、凍った湖、白鳥、・・・、などなど。ベルリン・フィルの響きはとても透明で、ややもすると、無機的なのだが、この2曲にかんしていえば、透き通った響きがとても効果的で、研ぎ澄まされた「はかなさ」のようなものを感じた。オケの機能性も極まると、藝術的な世界が開かれてくるものらしい。

問題は、休憩のあとの《ジュピター》。ラトルのテンポのとりかたが恣意的で、素直に曲に入っていけない。こうなると、オケも、人工的に響く。せっかくのモーツァルトがずたずた・・・。前半が素晴らしかっただけに、とても残念。
[PR]
by kalos1974 | 2005-02-24 23:07 | 演奏会

お茶

2月7日(月)

月曜の演習は今日でおわり。朝9時からはじまる授業だったにもかかわらず、1度もやすまなかった。われながら偉い(笑。

ミュンヘン大学がマンモス大学のせいかもしれないが、こちらの学生は、かなりあっさりしている。授業のあと、一緒にどこかにいくことはあまりない。この演習のおわるのは13時。13時はじまりの授業をとっている人もいた(休憩なし!)し、私をふくめ、14時からの授業に出ている学生も多かったので、「どこかでおしゃべりでも」という雰囲気にはならなかった。

今日は、フランス人留学生のジュディーが音頭をとって、大学ちかくのカフェ"Cafe an der Uni"へ。4人で、1時間ほど世間話。メール・アドレスを交換。
[PR]
by kalos1974 | 2005-02-07 04:05 | 日記

ドレスデン 2 (2005年2月3日~4日)

2月4日(金)

夕べのオペラがおわったのがおそかったし、そのあと、興奮して、ビールなんか飲んだりしたせいか、目覚めたら午前10時。だらだらと身支度をして、チェック・アウト。14時から、ゼンパーオーパーのガイドツアーに参加。
e0021850_563957.jpg
そのあと、宮廷のカトリック教会 Hofkirche を見学。ジルバーマン・オルガンがとても上品だった。このオルガンをつかった演奏が CD になっていたので、おもわず購入。
e0021850_9265990.jpg
18時ごろ、空港へ移動。空港に3時間もいるのは退屈するかとおもっていたが、夕食を食べたり、コーヒーを飲んだりしていたら、あっという間に20時になった。20時55分発のルフトハンザ1077便で帰宅。
[PR]
by kalos1974 | 2005-02-04 22:07 | 旅行

ドレスデン 1 (2005年2月3日~4日)

2月3日(木)

今シーズン最後の《タンホイザー》のチケットがとれたので、急遽、ドレスデンへ。妻は呆れた顔で、ひとこと、「ひとりでいってきたら」。

ネットでしらべると、ルフトハンザが格安運賃を出していた(帰りの便がおそい時間)ので、飛行機にする。11時20分発の1076便でドレスデンへ。12時20分到着。 S-bahn で市内に向かう。それにしても、ドレスデンにかぎらず、ドイツの都市は、空港とのアクセスがとてもよい。わずか15分ほどで中央駅に着いた。

中央駅から市内観光をかねて、ホテルまで歩く。中央駅周辺はいかにも旧東独風の味気ない建物がならんでいるが、それでも、通りはひろいし、広場は活気に充ちている。

1時間ほどかけてホテルに到着。ウェスティン・ベルヴュー The Westin Bellevue, Dresden 。
e0021850_21385523.jpg
部屋から、エルベ川をはさんで、旧市街が一望できた。名にそぐわぬよい眺め。

ひとやすみして、川向こうのアルテマイスター Gemaeldegalerie Alte Meister へ。お目当ては、ラファエロの《システィナのマドンナ》、フェルメールの《手紙を読む女》、そしてリオタールの《ココアをはこぶ少女》。
フェルメールの作品がないので、美術館の人に尋ねたら、「日本に送るため、梱包作業中」とのこと。・・・。以前、ウィーンの美術史美術館でも、おなじような目にあったことがある。

ホテルにもどり、軽食。ザクセン風のポテトスープ。6ユーロにしてはおいしい。ソーセージがよいアクセントになっている。パンもたくさんついてきたので、お腹いっぱい。
シャワーを浴びて、着替える。18時から、ゼンパーオーパーで、《タンホイザー》
e0021850_9175936.jpg
別の記事にも書いたが、私は、ここのオーケストラは、ウィーン・フィルとならんで、世界最高だと思っている。しかも、《タンホイザー》は、ここで初演された作品。期待は高まる。
e0021850_9234354.jpg
舞台うえに、デジタル時計がある。ここにしかないものらしいので記念に一枚。

記憶にのこるすばらしい公演だったが、いまとなっては(7月9日執筆)、こまかなことは覚えていない。ただ、オーケストラの響きのなめらかでつややかだったこと、弱音の繊細さ、大音量の迫力が印象的だった。歌手もオケにまけない歌唱を披露してくれたように思う。

当夜の主な配役を記しておく。
Dirigent ・・・・・ W. Rennert
Inszenierung ・・・・・ P. Konwitschny
Hermann ・・・・・ H.-P. Koenig
Tannhaeuser ・・・・・ S. Gould
Wolfram ・・・・・ A. Schmidt
Elisabeth ・・・・・ C. Nylund
Venus ・・・・・ I. Vermillion
[PR]
by kalos1974 | 2005-02-04 09:24 | 旅行