<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シューベルトのミサ曲、たぶん D. 950

10月24日(月)

さがしものをしていたら、なにもラベルの貼られていないカセット・テープが出てきた。さっそく聴いてみると、シューベルトのミサ曲《Es-Dur》だった。演奏者はわからないけど、響きはやわらかいのに、とても力強くて、劇的。きっと、名のある団体にちがいない。

私、音楽はもっぱら聴くだけ。楽器は子どものころに挫折したし、歌は音痴を自認している。なのに、以前、二度ばかり、合唱に参加したことがある。

素人の合唱団は、大人数のところでも、男声は、数えるほどしかいない。ミサ曲なんかをやる場合、女声ばかりだと、見た目からして、あまりにもバランスがわるい。そこで、「多少音がはずれてもいいから」といわれて、なかば強制的に、助っ人? をたのまれた。そのとき歌ったのが、この《Es-Dur》。テープは、たしか、「『ほんとうは』こういう曲なんだよ」といわれてわたされたもの。

この作品は、シューベルトの最高傑作のひとつではないだろうか。書かれたのは、1828年。亡くなる年の作品だからそう感じるのかもしれないが、底なしの湖をのぞきこむような怖さと厳粛さに身がひきしまる。はじめて聴いたとき、「なんとおそろしい音楽があるんだろう」とおもった。「ヨーロッパ人って、こんなにも孤独なのだろうか、こんなにも厳しく神と対面するのだろうか」と。

全体的に重くて、多少くどいかもしれない。ポリフォニックな響き、各パートの重層的な構造のためか、峻厳な感じをうける。しかし、たとえば「グローリア」には壮麗さとともに穏やかさがある。"Gratias agimus tibi propter magnam gloriam tuam" の部分、旋律は切ないのだが、どこか陽だまりにいるような暖かさ。また、「クレド」では、シューベルト一流の歌を聴くことができる。チェロの奏でる旋律は、甘く穏やか、敬虔にして高貴。なんという安らぎに満ちた音楽だろう。そして、チェロをなぞるように、テノールが歌う。"Et incarnatus est de Spiritu Sancto ex Maria Virgine ・・・" テノールがもうひとり、そしてソプラノがくわわった三重唱。さらに合唱。

「紅茶にひたしたマドレーヌ」ではないけれど、当時の記憶が鮮明によみがえった。

自分がかつて歌った? 曲なのに、なぜか CD を一枚ももっていなかった。そこで、 Amazon をのぞいたら、ジュリーニがバイエルン放送交響楽団を指揮したものがあったので、注文したところ。《ミサ曲第6番》というらしい。とどくのが楽しみだ。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-25 10:14 | 日記

ホッキョクグマ

10月18日(火)

昨日から明後日まで、 NHK-BS で、クマ特集。昨日は、松山市のとべ動物園で人工飼育された、ホッキョクグマ「ピース」のお話。今日は、カナダ北東部で暮らすホッキョクグマの生態。いま放映されているところ。かわいくて目がはなせない。まいった。

写真は、愛媛県立とべ動物園のホームページから。
http://www.tobezoo.com/shiiku/peace/p_w/html/gallery.html#


コメント(12)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-25 10:13 | 日記

ブラームス《クラリネット五重奏曲》、ロ短調、作品115

10月17日(月)

ブラームスの《クラリネット五重奏曲》、私は、この曲の CD を三種類もっているけど、なぜか、三枚とも、モーツァルトのそれとあわせておさめられている。

「両者のちがいは、もう、どうしようもない。ブラームスの曲の、あの晩秋の憂愁と諦念の趣きは実に感動的で、作者一代の傑作のひとつであるばかりでなく、19世紀後半の室内楽の白眉に数えられるのにふさわしい。けれども、そのあとで、モーツァルトの五重奏曲を想うと、『神のようなモーツァルト』ということばが、つい、口許まで出かかってしまう」

吉田秀和の一文を読んで、なるほどとおもうと同時に、ブラームスのことがとても愛おしくなった。

1890年、亡くなる7年前のブラームスは、創作力の衰えを痛切に感じ、遺書まで用意した。そんな作曲家を救ったのは、クラリネットの名手ミュールフェルト。1891年、マイニンゲンで、この人の演奏する、モーツァルトやウェーバーの協奏曲を聴いたブラームスは、クラリネットのために作品を書くことを決意した。そのひとつが、この《クラリネット五重奏曲》。わずか2週間ほどで作曲されたという。

これは、たしかに、晩秋の音楽だろう。動くものをあまり目にしなくなった秋の夕暮れ。長く厳しい冬はもう目前。すっかり木の葉の落ちてしまった木々、ところどころ凍りかけている湖。そんな光景をながめながら、すぎさった季節をなつかしみ、いのちあるものを慈しむような風情。

曲想はさまざまに変化し、痛切な叫びや、あこがれを感じさせる箇所もある。だが、全体を支配するのは、吉田秀和のいうように、「諦念」。枯葉の色。モーツァルトやベートーヴェンにはかなわなかったけれど、天才たちと真っ向から立ち向かい、できるかぎりの仕事をなしとげた人間の境地かもしれない。

音楽からは、作曲家の表現意欲といったものを、あまり感じない。自然や人間に対するふかい省察を経て、あるものをあるがままに受け入れようとしているかのようだ。

この作品は、「神のようなモーツァルト」とは対照的だけれども、それに匹敵するようにおもう。ときに水墨画をおもわせる響きから、さまざまなイメージを連想させるには、モーツァルトなみの作曲技法が必要ではないか。モーツァルトが神の境地なら、ブラームスは、人間のみになしうるふかい省察と「諦念」。この、ふたつの傑作、やはり、一枚の CD におさめられるべきなのかもしれない。

さっきかけていたのは、ウィーン室内合奏団の演奏。ノルベルト・トイブルの柔らかな音色が魅力的。でも、私にとっては、ゲルハルト・ヘッツェルのヴァイオリンをなつかしむことのできる一枚。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-17 18:43 | CD・DVD

ブラームス《ピアノ四重奏曲第1番》、ト短調、作品25

10月15日(土)

ソフィーさんのブログで、「ブラームスって、エロくないですか?」と訊かれて、ひさしぶりに、この曲を聴いてみた。コメントを書いていたとき、頭のなかで鳴っていたのは、弦楽六重奏曲第2番の第2楽章で、自分の印象を確認しようとしたのだけれど、なぜかこの作品に手がのびた。

聴いたのは、アマデウス弦楽四重奏団と、エミール・ギレリスの演奏。昨年だったか、ミュンヘンの「ルートヴィヒ・ベック」で買ったもの。それまでこの CD の存在を知らなかったが、解説には、"Eine kulturpolitische Sensation"とあり、ソ連邦の藝術家と西側のレコード会社との交流が強調されているから、有名な盤なのかもしれない。ちなみに、私が愛聴していたのは、ペライアがピアノを弾いている演奏だった。

大学受験をはさんだ3年間くらい、よく、ブラームスを聴いていた。最初は交響曲、つぎに協奏曲、そして、室内楽曲。私は、モーツァルトの作品をこよなく愛しているけれど、もし、「いちばん好きな作曲家は?」と尋ねられたら、いまでも、「ブラームス!」と答える気がする。作品からうける、近代的な孤独、ほとばしる情熱、おだやかな愛情、自然への憧憬といったイメージが、たまらなく好き。

《ピアノ四重奏曲第1番》は、1861年の11月に初演された。しかし、最初に構想されたのは、1855年。「慎重居士」(Gustav さん)の面目躍如たる念の入れよう。

1855年といえば、シューマンの亡くなる1年前。クララへの同情と献身が、しだいに、愛情に変わっていったころだ。ブラームスは20代前半。この曲には、若き作曲家の切ない思慕と、一種の諦観が感じられる。感情の燃えあがりと集中力に魅了される。後年、ブラームスは、《ピアノ四重奏曲第3番》について、「青い燕尾服と黄色いチョッキを着た男の、最終章の挿絵」と述べているが、ブラームスを『ウェルテル』になぞらえるなら、この作品は「最初の章の挿絵」にふさわしい。

全4楽章のなかでは、最終楽章がいちばん好き。当時はやっていた「ジプシー」風の旋律をたくみにとりいれた情熱的な音楽。さまざまな曲想が交感していく景色は、ややエロティックかもしれない。

そういえば、この音楽、以前コメント欄にも書いたけど、たしか、 Leconte の"Monsieur Hire(仕立て屋の恋?)"という映画で効果的につかわれていた。 Michel Blanc 演じる仕立て屋が、アパートの窓から、思いをよせる女性の部屋をのぞくとき、この曲がかかっていた。たしかに、あこがれの女性を盗み見るような風情もある。だからというわけではないが、大学生のころ、第1校舎まえのベンチで、この作品を聴きながら、いきかう女子学生たちをながめていたことがある。


コメント(3)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-16 16:21 | CD・DVD

なんなんだ

10月14日(金)

梅田のタワー・レコードによってから帰宅。ヨハンナ・マルツィの CD が 1,000 円で売られていたので、なんとなく購入。夜更けに聴こうかな。

大学以来の友人から電話。ウィーンにいるらしい。ウィーンだって・・・! 東欧での仕事が予定より早くおわったので、今日は、一日、観光するのだとか。なんか、首をしめてやりたくなったが、用件は、「どっか美術館おしえてくれない?」というもの。

― お前さあ、美術とか好きだったじゃん。
― ああ、まあね(ちょっと偉そう)。で、なにを観たいの?
― そうだなあ、なんでもいいんだけどさあ。ウィーンって、ドイツ語なんだよね。ドイツっぽいのがいいかなあ。
― なんでもいいんかい・・・。だったら、まずは美術史美術館にいきな。んで、それからアルベルティーナで、デューラーでも観たら?
― ふうん、そうする。どうやっていくの?
― どこ泊まってるんだよ?
― ヒルトン。
― 市立公園の近く?
― よくわかんないけど、おおきな公園はあるね。
― じゃあさ、リングっていう大通りがあるから、それをオペラのほうにいくの。まずはオペラ座をめざすんだよ。わかった? それで、オペラを通りすぎてしばらくいくと、左手に立派な建物がふたつある。おなじようなのがね。あいだにマリア・テレジアがすわってる。で、むかって左側が美術史美術館ね。アルベルティーナはオペラの裏だよ。いまつづりいうから、メモしてね。
― おお、サンキュ。お土産買ってかえるよ。

おいおい、数ユーロのお土産をもらいに、東京までいくのか・・・。

さて、電話を切って、しばらくすると、今度は、東京に出張中の妻からかかってきた。

― いま、紀伊國屋にいるんだけど、このへんにおおきな郵便局ない?
― ええとね、西口にあるよ。西口のバスターミナルわかる?
― そんなのあったっけ?
― 松本とかにいくバスが出てるところがあるのね。京王百貨店のむかい。まずは、それをさがして。
― うん。
― で、そのバスターミナルを左手に見て、京王プラザのほうに歩いていくと、右側におおきな郵便局があるから。迷ったら、ちゃんと人に訊くんだよ。
― オーケー。ありがと。

ちゃんといけただろうか? その後、なんの連絡もないが・・・。


ところで、おまいら、私のことを地図だとおもってないか?


コメント(14)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-16 16:19 | 日記

ぎちぎち

10月10日(月・体育の日)

10日ぶりに東京へ。行きの飛行機、秋雨前線のなかをすすんだので、景色はあまり楽しめなかったが、千葉県の上空にさしかかると、地上の様子がはっきり見えた。いつものことながら、山という山がゴルフ場となっている姿には慄然とする。バブルのころの乱開発だろうか、それとも、そんなに需要があるのだろうか。ゴルフ場というゴルフ場で、農薬がつかわれているとしたら、とても怖い。

竹芝のホテルから見える東京は、ビルばかり。コンクリートの醜悪な建物がぎっしり。空いた土地がない。わずかな土地も無駄にはできないらしい。もっと公園をつくって、木を植えればいいのに。でも無理だろうな。この国では、効率のわるいこと、お金にならないことは悪なのだ。休日の深夜だというのに、目の前のT芝のビルには明かりがたくさん。なぜそんなに働くのだろう・・・。

羽田空港のラウンジ。ジャズの BGM にくわえてマラソンの実況が大音量で流れる。さらに、大声で話す3人組のおじさんたち。大声で携帯電話に向かっているおばさんもいる。『うるさい日本の私』という本を思い出した。私はあの著者ほどラディカルではないが、気もちはよくわかる。

大阪上空。ほとんど緑がない。大阪城公園くらい? 東京も砂漠だけれど、皇居、赤坂御苑、新宿御苑、明治神宮などがあるだけましだろうか。いや、やはり、どちらもひどい。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-10 20:38 | 日記

リッカルド・ムーティー指揮、スカラ座公演、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》

10月5日(水)

新学期がはじまると、授業の準備や諸々の雑用におわれて、ゆっくり音楽を聴くこともできない。この間の日曜、ひさしぶりに、 DVD で、オペラを鑑賞した。

モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》は、かつて、いちばん好きなオペラだった。神をおそれず、おのれの意思のみをたよりに生きる近代人ドン・ジョヴァンニ、裏切られながらも、あくまで献身的なドンナ・エルヴィーラ、かわいらしさのうちに上昇志向を秘めたツェルリーナ、そして、主人に愛想を尽かしているのに、主人と決別することのできないレポレロ、といった登場人物の織りなす物語は、単純ではあるけれど、さまざまな解釈が可能で飽きないし、いうまでもなく、モーツァルトの音楽は、なにものにも代えがたい。

今回も、ミュンヘンの「ルートヴィヒ・ベック」で買った DVD で、1987年12月15日に、ミラノのスカラ座でおこなわれた公演を収録したもの。指揮は、リッカルド・ムーティー(帰国直前に、《ドン・ジョヴァンニ》の DVD をふたつ買った。もうひとつは、以前 Martin さんが紹介されていた、ムーティーがウィーンで指揮した公演)。

配役は、
Don Giovanni ・・・・・ Th. Allen
Il Commendatore ・・・・・ S. Koptchhak
Donna Anna ・・・・・ E. Gruberova
Don Ottavio ・・・・・ F. Araiza
Donna Elvira ・・・・・ Ann Murray
Leporello ・・・・・ C. Desderi
Masetto ・・・・・ N. De Carolis
Zerlina ・・・・・ S. Mentzer
で、演出は、G. Strehler 。

この公演、演出がいい。一言でいえば、華麗。日本人がオペラと聞いておもいうかべるであろう舞台が、くりひろげられていく。宮殿やギリシア神殿をおもわせる建物、真っ赤なカーテン、鏡のように磨きあげられた床(バイエルン国立歌劇場の《アリオダンテ》をおもいだした・・・「オペラ」の項目の写真を参照)など、古臭くもなく、過度にモダンでもなく、ツボを心得ている。演出が音楽の邪魔をするということがない。文句というか、残念だったのは、騎士長の石像が動かないことくらいかな。動かないほうが品はあるのだが、私は、動く石像が見たいし、ドン・ジョヴァンニには、ダイナミックに地獄にいってほしいのだ(笑)。

音楽も見事。スカラ座管弦楽団は、中身のつまった響きだし、ムーティーの指揮は、てきぱきしている。歌手陣も文句なし(やはり、バイエルンやウィーンとけっこうダブってますね)。ひとつだけ難をいえば、騎士長の声かな。すこしだけ重みにかけるというか、若々しい生気を感じた。

この公演でいちばんうれしいのは、ツェルリーナがかわいいこと(爆)。本質的な問題ではないが、映像を観る場合は、やはり、役柄に合ったチャーミングさも必要かなとおもったりする。第一幕、ドン・ジョヴァンニとの二重唱は、一幅の絵のようだった。

《ドン・ジョヴァンニ》にかんしては、長らく、フルトヴェングラーの演奏に親しんできた私。あの公演が好きで、ザルツブルク音楽祭のときに、わざわざ、会場となったフェルゼンライトシューレでおこなわれた演奏会にいったりしたくらいだが、アリアによっては、やはり、鈍重と感じるものがある。そうした不満を補うものとして、この DVD はありがたい。
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-05 22:44 | CD・DVD

思い出バトン―大学編―

10月2日(日)

ひさしぶりの休日。外は暑い(31度)し、今日はずっと家にいて、ブログを巡回したり、 DVD を見たり(ムーティー指揮スカラ座公演《ドン・ジョヴァンニ》)。

ピアさんからリクエストをいただいたので、大学時代の思い出をすこしだけ。

①大学時代で、一番思い出のある時期と?一番お世話になった先生は?

学部の1~2年生です。授業はつまらなかった(概説や入門なので、「そんなこと知ってる」とおもう講義がおおかった・・・生意気でした)けど、友だちが刺激的でした。「こんな賢い人がいるんだ」とか「どうしてそういう発想がでてくるの」とか、そういった驚きをあたえてくれる人がいました。好奇心旺盛で活動的な友だちにめぐまれたようにおもいます。そんな友だちと、いろいろ語り合ったり、あちこち出かけたりしたのは、かけがえのない経験です。

サークルの先輩の車で、深夜、八ヶ岳や軽井沢までドライヴして、朝7時ごろ帰宅、そのまま1限の講義に出たことが何度もあった。若かった(遠い目)。

いちばん印象深かったのは、非常勤でいらしていた某先生です。哲学の授業だったのですが、その場で哲学が生れ出るような、このうえなくエキサイティングな講義でした。あまりすごいので、友だちと一緒に、先生の本務校である上智大学まで聴きにいったりしたものです。

②得意科目と苦手科目は?

面白かったのは、英語でした。美術史の先生(イギリス人)が、いろんな絵を紹介してくれて、それについて、英語で質疑応答、ディスカッションするというものだったのですが、単なる日常会話ではなかったので、飽きませんでした。
専門課程のゼミも、議論が白熱すると楽しかったかな。

嫌だったのは、法学部の講義。大教室で、講義ノートが読みあげられるだけ。教科書を買って読んだほうが早いとおもい、途中から出なくなったもの多数。

③思い出に残ってる学校行事3つは?

・サークルの合宿・・・清里や蓼科、山中湖や軽井沢で、テニスをしたり、馬に乗ったり、美術館にいったり。かわいい女の子もたくさんいたし(笑)。
・ゼミの合宿・・・たしか4年のとき。朝10時から夜8時まで、軽井沢の某ホテルの会議室で、3日間、ずっとテキストに向かい合っていた。あんなに集中して横文字を読ませられたのははじめて。勉強とはこういうものかとおもった。

④クラスでのキャラは?

極力オーラを消していた気がする。ご隠居だろうか? ←これは小学校以来、いまもおなじですね。

吉祥寺のジャズ喫茶に入り浸っていた覚えが・・・。3時間くらい、ジャズを聴きながら本を読んでいました。そのせいか、ジャズを聴くと、「あっ、これ知ってる」という曲がおおいです。ただ、曲名を全然知らない。
あとは、神保町界隈を徘徊したり、下北沢や荻窪、銀座や上野あたりをよく歩いてました。

⑤学生時代の呼び名は?

学生時代(大学時代? 学生と生徒はちがうし・・・)は、某マンガの登場人物名。似ていたらしい。←これは前回の回答を流用。

⑥好きな給食メニューは?

学食は、おいしくなかった。不潔だったし。学食のテーブルって、きちんと拭いているのでしょうか?

⑦ 学生時代の友人はアナタにとってどんな存在?
年賀状のやりとりをするだけの存在がほとんど。なのに、たまに会うと、お互い、話がとまらなくなるのは不思議。恥ずかしいことを知り合った仲だからでしょうか。←小中高時代とおなじです。


コメント(6)
トラックバック(0)
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-03 11:40 | 日記

思い出バトン

10月1日(土)

『Meine Musik』のlabilaby さんから、「思い出バトン」というのがとどいた。10代のことを、けっこうわすれていて驚いたが、こんな感じ。読み直すと、なんかつまらんね(笑)。

①小中高の中で、一番思い出のある時期と?一番お世話になった先生は?

中学時代かな。優秀な先生方と賢い友達にめぐまれた。しかし、具体的なことはあまり覚えていない。記憶が、入り乱れていたりもする。でも、高校時代、なにかあると、「中学のころはよかったなあ」とおもったので、たぶん、楽しかったのだろう。小説ばかり読んでいた気もするが・・・。

お世話になった、というか、思い出ぶかい先生方は、高校時代に集中している。

たとえば、A先生。むかしの石碑の拓本をとり、どんどん解読していた。成果は高校の雑誌に発表されるくらいで、世にみとめられるということはなかった。京都大学の大学院まで出られているのだから、大学に勤めればいいのにとおもったが、本人にそういう意思はなかったらしい。完全に独自の世界を築いていた。たぶん、旧制高校の先生ふうな人。

O先生も変わっていた。東京大学で数学を学んだ人なのに、ドイツ語の詩を読む会を主宰していて、文学や哲学にも造詣がふかかった。かなり影響を受けたかも。クラシック音楽について、いろいろ教えてくれたりもした。ただ、授業は、最悪(にちかかった)。数学が嫌いになったかも・・・。頭のいい人には、できない生徒の疑問点さえわからなかったらしい。

②得意科目と苦手科目は?

得意:国語、社会、英語。このころは、それなりに英語ができた。しかし、数年まえ、受験生の家庭教師をしたときには、教科書さえ訳せなかった・・・(汗)。

そうそう、中学のときに、家庭科で10をもらったのは、私です。そのせいか、いま、家事のほとんどを私がやっている気がする・・・。

苦手:数学、理科(化学、物理)。わけがわからなかった。よって、二次試験に数学の必要な大学は、敵前逃亡。

③思い出に残ってる学校行事3つは?

・文化祭・・・時間をかけてお化け屋敷をつくった。お面をつけたまま学校の外に出てしまったのは、一生の不覚。

・修学旅行・・・バスガイドさんがきれいだった(爆)。

・某発表・・・学校行事ではないが、所属していたクラブでしらべたことを某所で発表したら、話題を呼んで、新聞に載った。

④クラスでのキャラは?

極力オーラを消していた気がする。ご隠居だろうか?

授業をさぼって喫茶店で本を読んだりしてたし、学校がおわってから、友達とモス・バーガーで何時間も話し込んだり・・・、「5時から男」だったかも。

⑤学生時代の呼び名は?

学生時代(大学時代? 学生と生徒はちがうし・・・)は、某マンガの登場人物名。似ていたらしい。

⑥好きな給食メニューは?

まずかった思い出しかないかも。パンとうどんとか、「おいおい・・・」という組み合わせに辟易。高校の食堂にあった、ラーメンときつねうどん、これは、非常においしかった。

⑦ 学生時代の友人はアナタにとってどんな存在?
年賀状のやりとりをするだけの存在がほとんど。なのに、たまに会うと、お互い、話がとまらなくなるのは不思議。恥ずかしいことを知り合った仲だからでしょうか。

⑧次のバトンを渡す5人は?

これはパスします。すみません。


コメント(6)
[PR]
by kalos1974 | 2005-10-03 11:39 | 日記